クラジミアに感染したらどんな症状が...

クラジミアに感染したらどんな症状が...

 

 

  

 

 

 

・20代前半の女性は、”33.7%”、20代後半の男性は、”22.2%” が感染

・感染していても、女性の、”80%” 、男性の、”50%” が無症状

・クラジミアに感染していると、HIVへの感染率が、”3〜5倍” に跳ね上がります

 

 

 

 

    クラジミアについては、上記のような調査報告がでており、
    さらに、感染したまま放置していると、男女共に、”不妊” になる可能性もあります。

 

 

    また、クラミジアに感染したままの女性が出産した場合、
    ”赤ちゃんが産道で感染” してしまい、結膜炎や肺炎の原因になることもあります。
    (ある医師によると、3%の女性が、クラジミアに感染したまま出産するそうです)

 

 

    女性の80%、男性の50%が、感染していても無症状だということですので、
    感染している可能性がある方は、”妊娠前の女性に感染させる前に” 、
    さらには、”不妊になる前に” 一度、検査をしておきましょう。

 

 

 

    ※ 20代前半女性の33.7%、20代後半男性の22.2%が、感染しているとの報告があります。
      私は大丈夫....そう思っているのは、単なる思い過ごしでかも知れません...

 

 

 

 

クラジミア検査について

 

 

 

クラジミア感染経路

 

 

 

     

 

 

では、クラジミアにはどうやって感染するのでしょうか??

 

 

 

    クラジミアへの感染は、ご存知の通り、コンドームを付けないセックスですが、
    実は、このクラジミア、”喉への感染” も、多いのが現状です。

 

 

    軽いキスやジュースの飲み回しなどでは感染は内容ですが、
    クラジミアは、ディープキスでも感染が認められます。

 

 

    オーラルセックスでは、もちろん感染し、クラジミア感染者の、
    ”20%以上” がセックスの無い、オーラスセックスのみからの感染でもあります。
    (男性から女性、女性から男性と、共に感染します)

 

 

    ある医院では、男性クラジミア患者の50%以上が、
    風俗店からの感染が濃厚だったといった報告も上がっています。

 

 

    コンドームを付けない、”セックスでの感染” の確率は、”50%以上(1回当たり)” です。
    感染していても症状のでない方も、50%以上ですので、
    あなたも、クラジミアに感染している可能性は、否定できません...

 

 

 

   ※ クラジミアではなく、”クラミジア” というのが正式な呼び方です。
     多くの方が間違え覚えているという事実は、
     日本人のクラミジアに対しての認識の甘さではないでしょうか!?
     (ややこしくなりますので、当サイトではクラジミアのまま、進めさせていただきます)

 

 

 

 

クラジミア検査について

 

 

 

クラジミアの治療

 

 

 

 

    クラジミアの治療には、抗生物質の服用を要し、
    症状の酷い場合は、点滴による治療を行うこともあります。

 

 

    薬の服用期間は、通常1日〜1週間が目安となっており、
    その後、再検査を行い陰性になっていれば、治ったということになります。
    (その後、3〜4週間後に、再々検査をされることが、望ましいとされています)

 

 

    ただ、クラジミアは一度かかって治療しても、”再感染する病気” です。

 

 

    再感染の場合は、1度目の感染のときとは違う薬を服用しなければなりませんので、
    治療後は、以前に増してクラジミアに対しての予防が必要です。

 

 

 

   ※ 服用期間に大きな差がありますが、現在、アジスロマイシン(ジスロマック)という薬が適用され、
     この薬は、1回の服用で約10日間効果が持続するためです。
     (毎日服用する必要がある薬は、”必ず、毎日服用” するようにしてください)

 

 

 

 

クラジミア検査

 

 

 

 

  

 

 

 

    クラジミアは、感染してから1週間〜3週間の潜伏期間があります。
    この期間に検査をしても、陰性・陽性の結果はでません。
    (ただ、”潜伏期間中でも感染させる” ので、ご注意ください)

 

 

    クラジミアに感染した場合は、病院等で検査をするわけですが、
    現在は、”匿名の検査キット” がございますので、そちらについて少しだけ。

 

 

    クラジミアの検査キットは、HIVや梅毒、カンジタなどの性病を、
    まとめて検査できるようになっており、ひとつ、約4500円位〜となっています。
    (全部で27種類の中から、自由に選ぶことができます)

 

 

    インターネットで注文でき、郵送で届きますが、
    自宅で受け取りにくい方は、『郵便局留』 でお届けすることも可能です。
    (当然のことながら、分りにくい包装で届きます)

 

 

    その後は、”すべて匿名” で、郵送にての検査。
    インターネットでの結果確認ができますので、誰にもバレたくない方には、
    最適の検査方法ではないでしょうか!?(もちろんお忙しい方にも。)

 

 

    クラジミアは、若者の1/4以上が感染、1/2以上が感染に気付かない病気です。
    不妊(男性も)や赤ちゃんへの感染、HIVへの感染率の増加も考えられますので、
    少しでも心当たりのある方は、とにかく一度、検査しておきましょう。
    (検査して陰性だったなら、不安とストレスのない、”健やかな毎日が過ごせます” もんね♪)

 

 

 

 

   

 

   こちらから、クラジミアを含む検査キットの一覧が、ご確認いただけます!

 

 

 


トップページ 検査の流れ 匿名検査キット 感染者の割合 感染後の症状